就労移行支援とは?

「障害者総合福祉支援法」による障害福祉サービスの一つ

18歳から64歳までの障がいを持つ方へ

あるてぃーでは、働くことを希望する18歳から65歳未満の障がいを持つ方で、就職するために必要な人間力とパソコンスキルを身に付けます。

就職するためだけのスキルではなく、就職後でも自立した生活を送ることができるように独自の訓練を展開しています。

就職経験がない方でも、企業実習という体験のチャンスをつくり、就職への意欲と安心感を高めていきます。

あるてぃーが考える人間力とは、「誠実さ」「コミュニケーション」「障がい理解」の3つです。これらのスキル育成に自信があります。


あるてぃーのサービスを利用するには?

障害者手帳がなくてもサービス利用可能です。

障害者手帳をお持ちでなくてもお住まいの市町村役場に支援し、支給決定されればご利用可能です。サービスの利用をお考えの方は、あるてぃーまでご相談ください。


サービス利用までの流れ

見学・体験

あるてぃーの訓練や雰囲気を知るには、見学・体験が一番です。見学に来られたご本人様、またそのご家族や支援者の方々一様に雰囲気が素晴らしいとお褒めの言葉をいただきます。

受給者証

お住まいの市町村役場へ受給者証の申請を行います。相談支援員をお持ちの方は、支援員に。お持ちでない方は、あるてぃーにご相談を。

入校・訓練

受給者証の支給後、正式にあるてぃーへ入校になります。就職へのスキルアップをしていきましょう。

就職

就職先の選定や履歴書等の書き方など就職に関する相談をしながら就職を目指します。

定着支援

就職後は、あるてぃー就労支援員が安定した自立生活ができるよう就職後の悩みや相談をお受けします。