就労移行支援とは?

就労移行支援とはなんでしょうか?それを詳しくまとめています。


障害者総合支援法による障害福祉サービスの一つ

私たち就労移行支援事業所とは、障害者総合支援法の中に定められた障害福祉サービスのひとつです。 障がいを持つ方へ就職活動や仕事をはじめてから必要になるスキルが身につく職業訓練をしています。面接対応の訓練も個別に行い、一般企業への就職をサポートしています。一人ひとりがなりたかった夢を実現するために、就職を目指します。もちろん就職後には、定着支援を行いココロのケアも行いますから安心です。

18歳から64歳までの障がいを持つ方が参加できます

一般就労を希望している、18歳以上から64歳以下の障害や難病のある方がご利用いただけます。 精神障害(統合失調症、うつ病、躁鬱病(双極性障害)、気分障害、不安障害、適応障害、強迫性障害、てんかん)発達障害(アスペルガー症候群、自閉症、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害)身体障害(肢体不自由・内部障害など)、知的障害の方が参加できます。

    1. 企業へ就職を希望する18歳~65歳未満の方
    2. 精神・知的・身体・発達に障がいをお持ちの方
精神障害 統合失調症、うつ病、躁うつ病(双極性障害)、不安障害、適応障害、てんかん、アルコール依存症など
知的障害 知的障害
身体障害 肢体不自由・内部障害など
発達障害 注意欠陥・多動性障害(ADHD)・学習障害(LD)・アスペルガー症候群、自閉症、広汎性発達障害など

コミュニケーションを活かす

あるてぃーでは、就職するために必要な人間力とパソコンスキルを身に付けます。就職するためだけのスキルではなく、就職した後でも自立した生活を送ることができるように、特に会話術(コミュニケーションスキル)を伸ばす訓練を展開しています。

 

就職経験がない方でも、企業実習という体験のチャンスをつくり、就職への意欲と安心感を高めていきます。あるてぃーが考える人間力とは、「誠実さ」「コミュニケーション」「障がい理解」の3つです。これらのスキルアップをして卒業・就職した訓練生は多数です。

 障害者手帳等をお持ちでない方でも自治体の判断によってご利用が可能です。

障害者手帳がなくてもサービス利用可能です。

障害者手帳をお持ちでなくてもお住まいの市町村役場に支援し、支給決定されればご利用可能です。サービスの利用をお考えの方は、あるてぃーまでご相談ください。

サービス利用までの流れ

1.見学・無料体験

あるてぃーの訓練や雰囲気を知るには、見学・体験が一番です。見学に来られたご本人様、またそのご家族や支援者の方々一様に雰囲気が素晴らしいとお褒めの言葉をいただきます。


2.受給者証の発行

お住まいの市町村役場へ受給者証の申請を行います。相談支援員がついている方は、相談支援員にご相談ください。お持ちでない方は、あるてぃーにお気軽にご相談ください。


3.入校・職業訓練

受給者証の支給後、正式にあるてぃーへ入校になります。就職へのスキルアップをしていきましょう。


4.就職活動と就職

就職先の選定や履歴書等の書き方、そして面接時対応訓練など就職に関する相談と訓練を繰り返しながら、なりたい夢を叶えるために就職を目指します。


5.定着支援

訓練生の就職後は、就職のスペシャリストの就労支援員が安定した自立生活を送れるよう就職後の悩みの相談やココロのケアをしています。


お気軽にご相談ください

ちょっとした相談や
見学体験の
ご案内もできます!

 098-988-9755

受付時間 平日9:00-17:30

 

メールでも相談可能です

  相談してみる

メールフォームからのお問い合わせは、24時間受付しています。

 

ACCESS MAP

アクセスマップ

障がい者サポートステーション あるてぃー

メモ: * は入力必須項目です