気分安定薬

双極性障害の躁のおもな診断基準

①気分の高揚

②活動性や活力の向上

が普段とは明らかに異なり、1週間以上持続的に亢進している状態。

従属的な要素として

③自尊心の高まり ④短時間睡眠で満足し ⑤多弁、しゃべり続ける ⑥考えがまとまらず注意散漫 

⑦問題行動(多額の買い物や、無分別な性行為など)に過度に熱中する

 

 

双極性障害の治療の流れ

 

気分安定薬


 

ACCESS MAP

アクセスマップ

障がい者サポートステーション あるてぃー

メモ: * は入力必須項目です