抗てんかん薬

てんかんのおもな診断

  • てんかんは脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮によって、意識障害やけいれん発作などを慢性的におきる病気です。
  • 過剰な電気的興奮が脳の様々な場所で起こるため、場所に応じて症状も様々です。
  • 脳波検査やCT/MRI検査、血液/尿検査などを用いて原因を特定していく。
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 

ACCESS MAP

アクセスマップ

障がい者サポートステーション あるてぃー

メモ: * は入力必須項目です