生活基礎訓練

会話技法を学びながら障がい理解を深める

誰だって会話が上手いわけではありません。方法論を学ぶことで会話へのストレスを減らすこともできます。会話法を学ぶことで相手の立場にたち会話をすることやどういう言葉を選べば相手や自分がストレスを感じることなく会話できるかなどを学ぶことができます。

具体的な会話技法とは?

実際に行っている訓練の会話技法の一部を紹介します。

アサーション 自分や他人を尊重しながら会話をする技法
アファメーション 自分の長所や短所を認めて肯定的に会話する技法
リフレーミング 物事に対しての見方やとらえ方を変える技法

障がい理解を深めるとは?

障がい理解を深めることとは、単に障がい内容や症状を理解することではありません。他者へ自分の障がい内容をうまく伝え、向き合っていくことを目指す訓練です。障がい内容は様々。症状も様々です。自分の状態を他者へうまく説明できないことは良くあります。そこから誤解が生じることも。自分の状態を把握し、定期的な通院も含めてコントロールできる自分をアピールできることがこの訓練の目的です。

ACCESS MAP

アクセスマップ

障がい者サポートステーション あるてぃー